• Home
  • G.H.BASS&CO CAMP MOC Ⅱ (RUBBER SOLE)(12011 )

G.H.BASS&CO.

G.H.BASS&CO CAMP MOC Ⅱ (RUBBER SOLE)(12011 )

¥29,700 (税込)

SIZE
color

オイルレザーを使用したアウトドアテイストを感じさせるデッキシューズ”CAMP MOC (キャンプモック)”

1876年、George Henry Bass氏により米国で創業された老舗シューズブランドです。

ローファーを生んだブランドとして広く知られています。

【素材】

柔軟性と耐久性に優れるオイルレザーはワークブーツにも使用されるタフな素材で、経年変化も楽しめる点も魅力です。

ソールにはデッキシューズなどにも用いられる軽量なラバーソールを採用しています。

【商品詳細】

こちらの”CAMP MOC (キャンプモック)”は、その名の通りアウトドアテイストを感じさせるモデルです。

レザーのシューレース(紐)やメタルパーツのアイレットが一層ラギッドな印象を演出します。

フラットなフォルムがハードになり過ぎない絶妙なバランスで、レジャーにはもちろんタウンユースにもすんなりマッチします。

ライニングや心材を使用していないため足馴染が非常に良く、インソールやアウトソールの高いクッション性も相まって、とても快適で軽やかな履き心地が

ライニングや心材を使用していないため足馴染が非常に良く、インソールやアウトソールの高いクッション性も相まって、とても快適で軽やかな履き心地が特徴的なカジュアルシューズです。

どんな服にも合わせやすく、着こなしの幅を広げてくれる一足です。


G.H.BASS&CO.

G.H.BASSは1876年にアメリカのメイン州ウィルトンで、ジョージ・ヘンリー・バスによって設立。それまで靴屋で働いていたジョージは、労働者が履く靴やアウトドアシューズの出来に疑問を持ち、自ら靴を作ることを決意したことが始まりだった。 そのミッションは「目的に合った最高の靴」をつくること。 G.H.BASSは耐久性の優れた革を使い、快適な靴やブーツをつくることに成功。アメリカの精神を具現化したG.H.BASSは、世代を超えてあらゆる人々に愛され、やがてアメリカの歴史のひとつになった。それは新たな領域にチャレンジすることに価し、新しいアメリカンの文化になることを示していた。
これは過ぎ去ったノスタルジーではない。これまでの歴史が積み重ねてきた信頼によって、これからもよりよいものづくりを行い、開発と革新を続けるという意志の表明でもある。
(G.H.BASS日本公式オンラインショップより抜粋)

 



サイズ・素材

サイズ

US7(25.0㎝) US8 (26.0cm) US9 (27.0cm) US10(28.0㎝)
USサイズ基準

(BIRKENSTOCK公式サイトより抜粋)

素材  OIL LEATHER

※写真の色と実際の商品の色は多少異なる場合がございます。
予めご了承ください。